トピックス詳細

【8月11日開催】内閣府地域社会雇用創造事業シンポジウム開催のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▲▽ 内閣府地域社会雇用創造事業シンポジウム開催のお知らせ  ▲▽
    8月11日(木)13:00  於 憲政記念会館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.テーマ
「地域社会雇用創造事業が生み出す成果
   〜東日本大震災復興への道筋と社会的企業への期待〜」

2.日時・場所
 日時 : 8月11日(木) 13:00開始
 場所 : 憲政記念館 講堂
     〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 TEL 03-3581-1651
(http://www.shugiin.go.jp/itdb_annai.nsf/html/statics/kensei/kensei.htm)

3.開催概要&参加申込
  地域社会雇用創造事業ホームページ
 http://www.chiikisyakai-koyou.jp/outline/symposium.html

 
4.参加料
 シンポジウムの参加料は無料です。
 ただし、懇親会については1,000円を会場で申し受けます。

5.開催趣旨
 内閣府「地域社会雇用創造事業」は社会的企業の起業支援・人材育成
を目的として昨年度から展開され、既に、多くの「成果」、すなわち
100超の起業事例、200超の就業事例を生み出してきました。
 今般のシンポジウムでは、国民の多くが社会的企業に関心を持ち、一層
のチャレンジが可能となる社会を実現していくために、現時点での具体的
成果をいちはやく皆様に報告させていただきます。
 また、本年3月11日に起こった東日本大震災とそれに伴う未曽有の被
害は、「生きる」こと、そして「働く」ことの意味を改めてわたしたちに
問い直しているのではないでしょうか。「地域社会雇用創造事業」の担い
手の多くは、被災地における起業・就業の支援活動をプログラムに盛り込
むなど、復興に向けた積極的な貢献を行いつつあります。こうした震災へ
の対応を含め、いまこそ、社会的企業は自らの活動の原点を問いただし、
自らの役割と責任を宣言していくべきではないかとわたしたちは考えてい
ます。
 以上の認識に立ち、本事業の担い手として日々現場で奮闘している12
団体が、成果報告とパネルディスカッションを行います。
是非とも多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。


6.プログラム(予定)

13:00〜13:05 開会挨拶(5分)
   宮城 治男(地域社会雇用創造事業 事務連絡調整会議議長)

13:05〜13:25 基調講演(20分)
   新浪 剛史(株式会社ローソン 代表取締役社長、
         地域社会雇用創造事業 選定・評価委員会座長)

13:25〜14:45 地域社会雇用創造事業 事業者による成果報告(80分)

<休憩 14:45〜15:00> 

15:00〜16:00パネルディスカッション(60分)
テーマ「〜東日本大震災復興への道筋と社会的企業への期待(仮)〜」     
 
  パネリスト:  
   樋口 美雄(慶應義塾大学商学部教授、
           地域社会雇用創造事業 選定・評価委員)
   宮城 治男(NPO法人 ETIC.代表理事)
   横石 知二(株式会社いろどり 代表取締役社長)
   藤岡喜美子(一般社団法人日本サードセクター経営者協会執行理事
  コーディネーター: 
   高橋 公 (認定NPO法人100万人のふるさと回帰・循環運動
                推進支援センター 事務局長)
16:10〜16:15 閉会挨拶(5分)
 <16:30〜    懇親会>


7.主催・問い合わせ先(参加申込関係)

○主催:内閣府「地域社会雇用創造事業」共同企業体
  株式会社 いろどり
  特定非営利活動法人 えがおつなげて
  特定非営利活動法人 エティック
  一般社団法人 カーボンマネジメント・アカデミー
  一般社団法人 環境ビジネスウィメン
  特定非営利活動法人 グラウンドワーク三島
  三遠南信地域連携ビジョン推進会議
  社会的企業育成支援事業コンソーシアム
  ソーシャルビジネス ネットワーク大学推進コンソーシアム
  認定非営利活動法人 100万人のふるさと回帰・循環運動推進・支援センター
  北海道地域再生推進コンソーシアム
  みたか社会的企業人財創出コンソーシアム

○問い合わせ先(参加申込関係)
 JTB法人東京 第八事業部 営業第3課301グループ 丸山
  筺03−5909−8075