トピックス詳細

スタンフォード大SSAEと「起業家育成プログラム」で連携。

NPO法人エティックは、今夏、日米の若手起業家の交流を深めアントレプレナーの育成を促すことを目的に、スタンフォード大学SSAE(The Stanford Society of Asian-American Engineers)と連携し、日米の学生によるベンチャー交流プログラム「アジア・テクノロジー・イニシアティブ2001(ATI2001)-東京プログラム」を行います。

このプログラムは、スタンフォードの学生の在日ベンチャー企業でのプロジェクト・インターンシップと日本の起業家をお招きしてのカンファレンス・プログラムから構成されます。

プロジェクト・インターンシップでは、4名のスタンフォード大生が来日し、日本のモバイルコンテンツビジネスをリードする株式会社ゆめみでのモバイルコンテンツ事業に携わるプロジェクトに参加し、実際に11週間プロジェクトの中心的役割として活躍します。学生はこの経験により日本のモバイル分野での先端技術とこれに果敢にチャレンジしていくアントレプレナーシップに直に触れます。

カンファレンス・プラグラムでは、日本のベンチャー企業をリードする起業家の方々をお招きし、9月上旬に「US-JAPANアントレプレナー・カンファレンス」として開催します。同カンファレンスでは、スタンフォードの他、日本の大学生とともに、日米のアントレプレナーシップの問題点や将来について議論し、両国の起業家の交流を進めます。

詳細は、特集ページをご参照ください。
http://www.etic.or.jp/ati2001/