セミナー/イベント詳細

【9/5(金)18時30分〜@横浜】『中小企業×大学生によるビジネス創出事例発表会(地域若者チャレンジ大賞関東ブロック予選)』を開催します!

●「地域に根差したビジネス創出」に若者と経営者が二人三脚で挑む!
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  °。°中小企業×大学生によるビジネス創出事例発表会°。 °

  2014年9月5日(金) 18:30〜21:00(予定)

@横浜市開港記念会館
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□


組織の持続可能性を高めるために模索される新規事業や地域との協働。
しかし一方で「既存の組織や固定概念の中ではなかなか思うように
運ばない」「事業を牽引するリーダー型人材が育っていない」という
声がよく聞かれます。

そんな中、現役大学生を長期インターンシップ生(=経営者の右腕人材)
として受け入れ、「新規事業創出」「地域との協働・共生」など、これ
までの枠に囚われない様々な挑戦事例が全国各地で生まれています。

大学生と一緒にプロジェクトに取り組む中で諦めかけていた新規事業が
軌道に乗ったケースや、当初は単なる地域との関係作りを意図していた
ものが新規事業として大きく発展したケース、また、企業の若手人材の
育成に寄与するケースなどもあり様々な可能性が実現されてきました。

今回の発表会では横浜を中心に5社のケースを取り上げ、大学生の
目から見た、地域に根ざした中小企業おける先進的取組みの事例や、
可能性、課題等について発表を聞いていただきつつ、会場のみなさんと
それらについて一緒に考えていきたいと思っています。

「企業の第二創業」、「中小企業の新規事業創出事例」、「若手社員、
ミドル層の育成」、「本業を通じた社会貢献」などについてご関心のあ
る企業経営者、社員の皆様は、ぜひ会場にお越し頂ければと思います。

各社の挑戦の事例からこれからを考えるきっかけとして頂ければ
幸いです。

※:なお本事例発表会は11月に開催される、
「地域若者チャレンジ大賞2014」の関東ブロック予選大会を
兼ねています。

  昨年のチャレンジ大賞の詳細はこちらをご覧ください。
  http://www.challenge-community.jp/summit2013/day1


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
┃1┃開催概要
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】: 9月5日(金)18時30分〜21時(予定)
【場所】: 横浜市開港記念会館1号室(日本大通り徒歩2分)
  http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
【定員】: 100名
【費用】:無料
【タイムライン】:
  18時30分 開会 趣旨説明
  18時40分 コメンテーター紹介
  18時50分 事例発表 (発表事例は以下【2】参照)
  20時10分 休憩
  20時30分 経営者によるパネルディスカッション
  21時00分 終了

【コメンテーター】:
  高知大学客員教授  中澤二朗氏
  横浜市経済局中小企業振興部 部長 小出重佳氏
NPO法人ETIC.代表理事 宮城治男 他


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
┃2┃ 発表事例
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域課題解決、地域活性・まちづくり、新事業開発・商品開発など、
横浜&栃木の中小企業と大学生による5つのプロジェクトを発表!


◆防災マップを通じ、町工場と地域のつながりを生み出す!
  株式会社スリーハイ (横浜市都筑区)
  /大平 仁美 (当時:高知大学2年)

  近年、住宅開発が進み、新住民と旧住民の良好な関係づくりが求め
られる都筑区東山田工業地帯を舞台に近隣の町工場や小中学校を
  巻き込んだ、防災マップ作りを通じての地域課題解決プロジェクト。


◆企業×NPO…等、地域の接着剤としての印刷会社の役割とは。
  株式会社大川印刷 (横浜市戸塚区)
  / 原 尚史(当時:早稲田大学4年)

  社内の一体感を創出する社内報、地域住民にお役立ち情報を提供する
  タウン誌等、NPO・企業・行政等の組織をつなぎながら魅力ある媒体を
  制作することで見えてきた、印刷会社のこれからの役割とは。


◆地産池消マルシェで横浜を元気に!老舗仕出し弁当屋の挑戦!
横濱うお時 (横浜市中区)
  / 杉本 早紀 (当時:高知大学2年)

  手軽に、美味しく、楽しく、地産地消で横浜を元気に!を目指して、
老舗弁当屋とインターン生が挑んだ新規事業「地産地消マルシェ」。
実店舗オープンの礎を築いたインターン生との半年間の挑戦の軌跡。


◆地元商店街・小学校とのコラボで杉田の活性化に挑む!
株式会社安藤建設 (横浜市磯子区)
/ 梶並 智武 (高知大学2年)

  町のちょっとしたお困り事を解決!地域に愛される建設会社を目指し
 「建物の町医者プロジェクト」が始動。この取り組みを起点に商店街
  や小学校との協働による杉田活性化プロジェクトが現在進行中。



◆有機農家と消費者をつなぐ「ソザイ新聞」プロジェクト!
  ソザイソウザイ(栃木県宇都宮市)
/ 布袋田早紀 (宇都宮大学2年)

化学肥料や農薬を使わない有機野菜を使ったこだわりのお惣菜屋。
店主の願い”生産者と消費者をより近く、それぞれの想いと物語を
紡ぐ・繋ぐ・伝える”プロジェクト。


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……
┃3┃申し込み方法
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 下記のWEBサイトから【9月4日23:59】までにお申込みください。
  (先着で受付けていますので、お早目にお申込みください。)

  http://bit.ly/1raneDU


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お問合せ先】:NPO法人ETIC.横浜ブランチ 担当:田中・関根
【URL】:http://yokohama.etic.or.jp/
【TEL】:03-5784-2115
【MAIL】:yokohama@etic.or.jp